・。*明日晴れるかな*。・

薔薇、猫、物語、弁当作りとショパンが好き!今は雨でも虹色の人生めざして航海する日々の出来事*


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
*ありがとね、さようなら*Miracle day*

 

 

<あの日あの時をありのままに>

 

*ありがとね、さようなら*Miracle day*

 

 

焼け付く日差しに

今にも溶けそうなアスファルトの上を

ヒトも猫も平気で轢き去る車が

タイヤをいびつに歪ませて走って行きます。

 

毎日のように「真夏日です」と天気予報士が叫んでいた。

そんな厳しい中

ウインピーは虹の橋を渡ってしまいました。

長年の猫との生活の我が家で、最後の一匹でした。

 

z

 

少しでも涼しい場所を選んで 静かに最期の時を過ごしていました。

どうしても出かけなければならない事以外は

全てウインピーに、寄り添いました。

 

特に病院嫌いだったウインピーには

それが一番の安らぎだと思ったからです。

 

愛する猫を失った空白を埋めるものは

唯一…

昇る朝陽、暮れる夕陽…その繰り返し…

それ以外のものには目をふさぎ、ただただ流れるまま過ごしました。

 

そんなある日の事でした。

久しぶりに何もない土曜日の朝でした。

家に一人。

ソファにぼんやりと。

そして

ひっそりと不自然な息の詰まる空気。

時折、どこかから微かな物音がするたびに

「ウインピー?!」

と、

いないはずのウインピーの足音を探していました。

静まりかえった室内に

「にゃ」という、いつもの返事のないことを知り

そのたびに逝ったあの時に引き返すのでした。

 

e

 

「ジジジジジジイーーーー!!」

急に飛び立つ蝉の、突き刺すような大きく長い鳴き声に

「はっ」として

耳の奥から背を押されるように、立ち上がりました。

 

行く当てもなく

小さなバッグ一つ持ち

外へ出たのです。

いつものホームセンターへ行くバスに乗っていました。

気づくと、いつものように

ホームセンターのバラ苗売り場へと向かっていました。

たどり着くと、何故かいつもよりバラ苗が多くあることに

違和感を覚えました。

この店にしては信じられないほどに、みごとな剪定のバラがあったのです。

クリームイエローの花弁は、ほんのりと赤く縁どられて大満開。

そして、甘い香りにも包まれていました。

 

w

名札を見ると

「トロピカルシャーベット」と、あります。

初めて実物を見ました。

前から気になっていたこのバラの作出者・小山内健氏は

TV「趣味の園芸」などでよく見ていたものです。

綺麗なバラに偶然出会えたおかげで、ほんの少し気分が上がりました。

 

ゆらり〜ゆらりと何を見るでも買うでもなく、歩いていると

どこからか、マイクを通した声が聞こえてきました。

男…

張りのある響く声…

関西なまり。

聞き覚えがありました。

声の方を目で追うと…「あ!」

10m程先に小さなイベントスペースがあり

そこにはついさっき思い浮かんだ「小山内健氏」が、いたのです。

 

なるほど。

 

「あの」バラと一緒に来たのだと、納得しました。

先ほどの違和感の謎が解けたのです。

 

ホームセンター主催・ローズレッスンの真っ最中でした。

私の足は、迷うことなく会場に入っていました。

知らずに来たけれど

偶然にも奇跡的にも彼に会えて話を聞けて

本当に楽しい時間でした。

 

淋しい気持ちをほんのひと時ですが

忘れることができました。

 

偶然という言葉で終わらせるには勿体ないほどに

不思議な出会いでした。

この日以外ではありえないと思えるほどに。

 

ウインピーが

「ママ、悲しんでばかりいないで」と

巡り合わせてくれたんだと、思うほどに。

 

あれから

朝夕はめっきり秋になったけれど

まだ蝉は 最期の時を生き果たすように鳴いています。

早朝の、まるで夕暮れ黄昏のような静けさの

誰もいない、しん…としたバラ庭に

一人たたずみました。

 

外から窓を見ても

いつものウインピーの姿はもうありません。

 

a

 

頬を撫でる風にあおられて、空を見上げました。

真っ青な空に「ウインピー…幸せだった?…」

と、胸で呟きました。

 

すると

流れる白い雲が現れ

ゆるやかに… 

…とても

ゆるやかに…

猫の形になってゆきました。

 

三角の耳…

丸い顔…

胴体には

ふさふさのしっぽ…

まるで真っ白なチンチラ猫でした。

 

ふぅっと 雲の流れが止まった時

「え!」

と、驚きました。

 

にっこりと笑ったように見えたのです。

ほんの一瞬でした。

 

少しずつ形を崩してゆく雲に

間に合うように 胸でつぶやきました。

「ウインピー、ありがとね^^」と。

 

そして

その形がばらけて消えゆく前に

「さよなら」

と。

 

 

 

by しゃぼん

 

 

 

 

 

 

******

 

 

久しぶりに「しゃぼん」になりました。

最後まで読んで下さって

本当にありがとうございました。

 

 

***

 

 

文中のバラ・トロピカルシャーベットは

その後購入し

今、我が家で元気に暮らしています。

真夏のお昼寝、そして夏剪定を経て、秋バラの蕾が付き始めました^^*

r

丈夫で花つき、花もちもよく、とてもいい子です*

 

ローズレッスンのことですが。。。

京阪園芸の小山内健氏は 演芸といっても過言ではないほどに

おもしろおかしく、とても為になる話で素晴らしかったです。

TVや本では明かさないようなこともあったりして・・・@@*

最後に担当者から

「ハイポネックスの商品を3点以上お買い上げの方に、サインして

 バラの本『New Rose 2018』をプレゼントします」

と 言われて〜〜〜〜@@

それまで、やや しなっとしおれていた私の体はピーンとなり

オリンピックじゃねえよ。と言われそうなくらい売り場に走りました。

そしてトップバッターとして 息を切らして(←ばか)

肥料などきっちり3点ぶら下げて

サイン場所に駆け込んだのです。

(勉強ではNo.1にはなれないのにね…><;)

e

サインの時には バラの相談にものって下さり

とてもやさしい、バラをこよなく愛する人でありました***

(たぶん犬も好き…)

 

 

***

 

歴代 猫たちがこよなく愛した窓辺には

 

s

バラ姫様が。。。

 

q

ブーとウインピーみたいですね。

ヨハネさんとロイヤルプリンセスです。

白白コンビです。

 

夏のある日

メロンを猫カットにして

無糖ヨーグルトで泣きながら食べました。

r

どんなに落ち込んでも

食い意地だけは元気で……

 

 

これでいいにょだ。ニャロメ…TT

 

******

 

 

 

今日も来てくれてありがとう*

 

またね♪

 

皆さまどうか お元気で*🌞

 

 

I love you〜***☆彡

 

 

 




| 2018.09.15 Saturday (13:08) | ウインピー | comments(2) | trackbacks(0) |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND

 
人気
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS